ジャンル 世界を知る

中野校

ダウントン・アビーで紐解くイギリス貴族の生活

  • 冬講座
  • 資料配付

立川 碧(紅茶教室主宰、紅茶文化史研究家)

曜日 水曜日
時間 10:30~12:00
日程 全4回 ・01月31日 ~ 02月21日
(日程詳細)
01/31, 02/07, 02/14, 02/21
コード 340307
定員 42名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,664
ビジター価格 受講料 ¥ 13,413

目標

・ダウントン・アビーのドラマの魅力を知る。
・英国の階級社会についての理解を深める。
・当時の時代背景を理解する。

講義概要

人気ドラマ「ダウントン・アビー」を軸に、20世紀初頭の英国の貴族社会を紹介します。ダウントン・アビーの舞台「ハイクレア城」を始めとするカントリーハウスの特徴、グランサム伯爵家を代表とする上流階級者、そこに関わる中産階級者、使用人を始めとする労働者階級の生活を、当時のエチケットや道徳概念から紐解きます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 01/31 貴族の館カントリーハウス ドラマのロケ地「ハイクレア城」を含む英国貴族の住まいについて紹介します。
2 02/07 ダウントン・アビーから紐解く上流階級者の生活 英国の上流階級の生活、エチケットをドラマシーンから解説します。
3 02/14 ダウントン・アビーから紐解く中産階級者の美徳 英国の中産階級の美徳をドラマシーンから解説します。
4 02/21 ダウントン・アビーから紐解く労働者階級の生活変化 英国の労働者階級の生活の変化をドラマシーンから解説します。

講師紹介

立川 碧
紅茶教室主宰、紅茶文化史研究家
2002年より少人数制の Cha Tea紅茶教室を主宰。紅茶の飲み方、文化、歴史、陶磁器について講義を重ねている。卒業生は2000名を超える。著作に『紅茶のすべてがわかる事典』(ナツメ社)、『図説 英国ティーカップの歴史 ― 紅茶からよみとくイギリス史』(河出書房新社)、『図説 英国紅茶の歴史』(河出書房新社)がある。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店