講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 日本の歴史と文化

八丁堀校

戦乱の室町時代

 応仁の乱、明応の政変への道

  • 冬講座
  • 資料配付

渡邊 大門(株式会社歴史と文化の研究所代表取締役)

曜日 木曜日
時間 13:00~14:30
日程 全8回 ・01月11日 ~ 03月01日
(日程詳細)
01/11, 01/18, 01/25, 02/01, 02/08, 02/15, 02/22, 03/01

目標

・複雑な室町時代の戦乱の原因や経過を理解することを目的とします。

講義概要

室町時代は、戦国時代に劣らないほどの戦乱の世でした。数々の戦乱は日本史の教科書に取り上げられていますが、詳しいことは意外に知られていません。本講座では、各戦乱の戦いの経過だけでなく、戦いに至るまでの政治情勢などに留意しながら進めます。戦国時代がはじまる背景について、一緒に考えてみませんか?

各回の講義予定

日程 講座内容
1 01/11 室町時代の基礎知識 講座理解の前提として、室町時代の基礎知識を学びます。室町幕府のしくみや守護制度を中心にして、わかりやすく解説します。
2 01/18 応永の乱、明徳の乱―守護抑制策の展開― 足利義満の時代に強大な守護を抑制した結果、応永の乱、明徳の乱という二つの大乱が起こります。これにより大内氏、山名氏は没落しますが、その原因や経過をたどることにします。
3 01/25 応永34年赤松満祐の播磨下国事件 義満の後継者の義持も守護抑制策を継承し、赤松満祐をターゲットにします。この回では、事件の原因や経過をたどります。
4 02/01 嘉吉の乱―将軍足利義教暗殺の背景― 6代将軍・足利義教が暗殺された嘉吉の乱について、その原因や経過をたどることにします。
5 02/08 禁闕の変、長禄の変―守護赤松氏の復活― 嘉吉の乱でいったんは滅亡した赤松氏の復活する過程について、その背景を探ります。
6 02/15 応仁・文明の乱①―武家間における闘争― 未曽有の戦乱である応仁・文明の乱について、特に武家間の闘争を取り上げます。
7 02/22 応仁・文明の乱②―朝廷はいかに対応したか― 応仁・文明の乱の勃発時、朝廷はいかに対応したかについて検討します。
8 03/01 明応の政変―戦国時代への突入― 戦国時代の始まりといわれる明応の政変について、その原因や経過をたどります。

テキスト・参考図書

参考図書
『逃げる公家、媚びる公家 戦国時代の貧しい貴族たち 』(柏書房)(ISBN:9784760140725)
『戦争の日本史 9 応仁・文明の乱』(吉川弘文館)(ISBN:9784642063197)
『戦国の貧乏天皇』(柏書房)(ISBN:9784760141531)
『戦国誕生 中世日本が終焉するとき』(講談社)(ISBN:9784062881067)
『赤松氏五代』(ミネルヴァ書房)(ISBN:9784623064755)

講師紹介

渡邊 大門

株式会社歴史と文化の研究所代表取締役

1967年神奈川県生まれ。関西学院大学卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。専門分野は、日本中世政治史。著書に『大坂落城 戦国終焉の舞台』(角川学芸出版)、『流罪の日本史』(ちくま新書)など多数。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 240230

定員 50名

単位数 1

会員価格
受講料  ¥ 23,328
ビジター価格
受講料  ¥ 26,827


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ