講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 芸術の世界

早稲田校

仏教の「こころ」と「かたち」釈迦如来Ⅱ【午前クラス】

 お釈迦様の説法から涅槃まで

  • 冬講座
  • オムニバス
  • 資料配付

吉村 誠(駒澤大学教授)
村松 哲文(駒澤大学教授)

曜日 火曜日
時間 10:40~12:10
日程 全4回 ・02月13日 ~ 03月06日
(日程詳細)
02/13, 02/20, 02/27, 03/06

目標

仏像は全身で仏の教えを表しています。この講座では、仏像の背後にある思想を経典に基づいて考察するとともに、造形の特徴を地域ないし時代別に学習することで、仏像の「こころ」と「かたち」を総合的に把握します。

講義概要

今回は「お釈迦さま」として親しまれる仏教の教主釈尊―釈迦如来―の後半生を取り上げます。釈尊は今から2500年前にインドに生まれた実在の人物です。その生涯は後世多くの伝記に語られたばかりでなく、教主にふさわしい神話的伝承に彩られ、それに伴うさまざまな造形美術が成立しました。
第1回・第2回では、釈尊の説法と涅槃について、原始仏典にもとづいて講読します。おもに在家者への説法(『シンガーラ経』)、最後の説法(『大パリニッバーナ経』)などを取り上げる予定です。
第3回・第4回では、釈尊の初めての説法から涅槃までの造形について考察します。ドラマティックに展開する仏伝の中で、釈尊の姿が地域と時代によって如何に変容するのかスライドを鑑賞しながら考えます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 02/13 釈迦如来の説法―真理のことば― (担当:吉村)
2 02/20 釈迦如来の涅槃―最後のおしえ― (担当:吉村)
3 02/27 釈迦如来の説法のかたち―法輪を転じる姿― (担当:村松)
4 03/06 釈迦如来の涅槃のかたち―深い悟りの姿― (担当:村松)

講師紹介

吉村 誠

駒澤大学教授

1969年東京都生まれ。早稲田大学大学院卒業。専攻分野:中国仏教、唯識学。著書:『中国唯識思想史研究―玄奘と唯識学派―』(大蔵出版、2013年)。編著:『玄奘三蔵と薬師寺』(薬師寺、2015年)。訳書:『続高僧伝Ⅰ』(大蔵出版、2012年)など。

村松 哲文

駒澤大学教授

1967年東京生。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。早稲田大学会津八一記念博物館を経て現職。専門は仏教美術史、禅美術。共著『すぐわかる東洋の美術』(東京美術)、『興福寺―美術史研究のあゆみ―』(里文堂)、監修『わかいい、キレイ、かっこいい、楽しい仏像のみかた』(日本文芸社)など。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 140409

定員 50名

単位数 1

会員価格
受講料  ¥ 11,664
ビジター価格
受講料  ¥ 13,413


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ