講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 文学の心

早稲田校

戦後文学の面白さ、『夏の花』『虫のいろいろ』『留学』他

  • 秋講座
  • 資料配付

中島 国彦(早稲田大学名誉教授)

曜日 金曜日
時間 13:00~14:30
日程 全8回 ・09月29日 ~ 12月01日
(日程詳細)
09/29, 10/06, 10/13, 10/20, 11/10, 11/17, 11/24, 12/01

目標

・近代文学の名作を、さまざまな角度から読み込む試みを続けて来ました。よく知られた名作の他、改めて読むと興味深い隠れた作品にも照明を当てていきます。
・小説を読む面白さを探究すると共に、文学者の仕事が時代の中でどう拡大していくかにも注意したいと思います。

講義概要

今年度の秋学期には戦後に書かれた作品のうち、それぞれの作者の世界が確立していく時期の見逃せない作品、ベテラン作家のこの時期の代表作を扱います。とりあげるのは、原民喜『夏の花』、野間宏『顔の中の赤い月』、尾崎一雄『虫のいろいろ』、林芙美子『水仙』と遠藤周作の長編です。原民喜・野間宏らは、戦争体験の中でどうその文学を作ったのでしょうか。遠藤周作は、連作長編『留学』でどういう魅力のある世界を打ち立てたのでしょうか。皆さんと共に、作品を読み込んでいきたいと思います。短篇4作を1冊に収録した文庫が出ています。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 09/29 『夏の花』を読む 原民喜の『夏の花』を分析します。
2 10/06 『顔の中の赤い月』を読む 野間宏の『顔の中の赤い月』を分析します。
3 10/13 『虫のいろいろ』を読む 尾崎一雄の『虫のいろいろ』を分析します。
4 10/20 『水仙』を読む 林芙美子の『水仙』を分析します。
5 11/10 『留学』を読む 遠藤周作の連作長編『留学』を分析します。
6 11/17 その2 その2
7 11/24 その3 その3
8 12/01 その4 その4

テキスト・参考図書

テキスト
『遠藤周作留学』(新潮文庫)(ISBN:978-4101123035)
『日本近代短篇小説選 昭和篇2』(岩波文庫)(ISBN:9784003119150)

講師紹介

中島 国彦

早稲田大学名誉教授

1946年、東京都生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了、博士(文学)。公益財団法人日本近代文学館専務理事。日本近代文学専攻。著書『近代文学にみる感受性』(筑摩書房)、『夏目漱石の手紙』(共著、大修館書店)、『漱石の愛した絵はがき』(共編、岩波書店)など。岩波書店版『白秋全集』『荷風全集』編集委員。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 130105

定員 30名

単位数 1

会員価格
受講料  ¥ 23,328
ビジター価格
受講料  ¥ 26,827


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ