講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 文学の心

早稲田校

漱石文学の世界

 漱石作品に親しむ

  • 秋講座
  • オムニバス
  • 資料配付

中島 国彦(早稲田大学名誉教授)
藤井 淑禎(立教大学名誉教授)
石原 千秋(早稲田大学教授)

曜日 土曜日
時間 10:40~12:10
日程 全8回 ・09月30日 ~ 11月25日
(日程詳細)
09/30, 10/07, 10/14, 10/21, 10/28, 11/11, 11/18, 11/25

目標

・漱石の名作をていねいに跡付け、その魅力を明らかにしていきます。
・作品がどういう仕組みで描かれているかに、照明を当てていきます。
・作品を読むさまざまな方法を紹介し、作品の新たな生命を探っていきます。

講義概要

春学期と違い、一昨年から始まった「漱石文学の世界」の秋学期は、一つの作品を一回ではなく何回かでじっくり読んでいきます。今年は、漱石の晩年の作品「硝子戸の中」「道草」「明暗」の世界を、研究の歴史を踏まえ、ていねいに紹介していきます。晩年の達成の時期の名作の魅力を、手もとにテキスト(全集・岩波文庫・新潮文庫など)を置きながら、ぜひ確かめて下さい。(企画・中島国彦早稲田大学名誉教授)

各回の講義予定

日程 講座内容
1 09/30 「硝子戸の中」を読む 「道草」「明暗」を読み進める前提として、その二作の前に「硝子戸の中」が書かれたことに注目し、その味わい深い叙述から何が理解されるかを探ってみたい。人間関係の問題、自己の幼少期の問題など、多くのテーマが探れるはずである。
2 10/07 「硝子戸の中」を読む 「道草」「明暗」を読み進める前提として、その二作の前に「硝子戸の中」が書かれたことに注目し、その味わい深い叙述から何が理解されるかを探ってみたい。人間関係の問題、自己の幼少期の問題など、多くのテーマが探れるはずである。
3 10/14 『道草』再読 漱石作品には珍しい自伝的作品として知られ、伝記資料としても活用されてきた『道草』を、明治から大正にかけての同時代の文学状況の中に置き直し、再読・精読を試みる。江藤淳『漱石とその時代』における『道草』、という観点からのアプローチも試みたい。
4 10/21 『道草』再読 漱石作品には珍しい自伝的作品として知られ、伝記資料としても活用されてきた『道草』を、明治から大正にかけての同時代の文学状況の中に置き直し、再読・精読を試みる。江藤淳『漱石とその時代』における『道草』、という観点からのアプローチも試みたい。
5 10/28 『道草』再読 漱石作品には珍しい自伝的作品として知られ、伝記資料としても活用されてきた『道草』を、明治から大正にかけての同時代の文学状況の中に置き直し、再読・精読を試みる。江藤淳『漱石とその時代』における『道草』、という観点からのアプローチも試みたい。
6 11/11 『明暗』を読む 『明暗』は漱石の最後の小説です。そのためか、この小説に漱石文学の到達点を見ようとしがちですが、『明暗』は漱石のどの小説にも似ていて、どの小説にも似ていません。この講義では、『明暗』に漱石文学の新たな出発を読むことを試みます。
7 11/18 『明暗』を読む 『明暗』は漱石の最後の小説です。そのためか、この小説に漱石文学の到達点を見ようとしがちですが、『明暗』は漱石のどの小説にも似ていて、どの小説にも似ていません。この講義では、『明暗』に漱石文学の新たな出発を読むことを試みます。
8 11/25 『明暗』を読む 『明暗』は漱石の最後の小説です。そのためか、この小説に漱石文学の到達点を見ようとしがちですが、『明暗』は漱石のどの小説にも似ていて、どの小説にも似ていません。この講義では、『明暗』に漱石文学の新たな出発を読むことを試みます。

講師紹介

中島 国彦

早稲田大学名誉教授

1946年、東京都生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了、博士(文学)。公益財団法人日本近代文学館専務理事。日本近代文学専攻。著書『近代文学にみる感受性』(筑摩書房)、『夏目漱石の手紙』(共著、大修館書店)、『漱石の愛した絵はがき』(共編、岩波書店)など。岩波書店版『白秋全集』『荷風全集』編集委員。

藤井 淑禎

立教大学名誉教授

愛知県豊橋市生まれ。慶應義塾大学卒業。立教大学大学院博士課程満期退学。専門は日本近代文学・文化。著書に、『清張 闘う作家』(ミネルヴァ書房)、『名作がくれた勇気』(平凡社)などがある。

石原 千秋

早稲田大学教授

1955年、東京都生まれ。成城大学文芸学部卒業、同大学院博士後期課程中退(文学修士)。東横学園女子短期大学助教授、成城大学教授を経て、現職。
著書『漱石と三人の読者』(講談社現代新書)、『『こころ』で読みなおす漱石文学』(朝日文庫)、『漱石入門』(河出文庫)、 『漱石はどう読まれてきたか』(新潮選書)など。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 130104

定員 60名

単位数 1

会員価格
受講料  ¥ 23,328
ビジター価格
受講料  ¥ 26,827


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ