講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 文学の心

早稲田校

江戸の絵本、黄表紙を読む

 江戸人の洒落と機知

  • 秋講座
  • 資料配付

鈴木 久美(早稲田大学講師)

曜日 月曜日
時間 10:40~12:10
日程 全10回 ・10月02日 ~ 12月11日
(日程詳細)
10/02, 10/16, 10/23, 10/30, 11/06, 11/13, 11/20, 11/27, 12/04, 12/11

目標

・江戸時代の中後期に人気を博した絵入り読み物絵本、黄表紙を楽しく読み解きます。
・作品の背景となる当時の社会情勢や風俗などに目を配ることで、一歩深めた作品鑑賞を目指します。

講義概要

大人向けの絵本とも称される江戸の戯作 黄表紙は、ナンセンスな筋立てや言葉遊びに溢れた読み物で、当代の江戸人の洒落・機知が随所に仕込まれています。絵と文をともに味わいながら作者の仕掛けを読み解くことは、私たち現代人にとって少々難しくもありますがそれ以上に楽しい作業です。本講座では、江戸戯作の第一人者、山東京伝の作品を扱います。江戸人が夢中になった「笑い」の文芸をじっくり楽しみましょう。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 10/02    
2 10/16    
3 10/23    
4 10/30    
5 11/06    
6 11/13    
7 11/20    
8 11/27    
9 12/04    
10 12/11    

講師紹介

鈴木 久美

早稲田大学講師

1972年静岡県生まれ。早稲田大大学院出身。早稲田大学講師。専門は日本近世文学。主な著書に『近世噺本の研究』(三笠書院)、「噺本の文体ー江戸小噺文体の発生ー」(江戸川文学第37号 ぺりかん社)などがある。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 130101

定員 30名

単位数 2

会員価格
受講料  ¥ 29,160
ビジター価格
受講料  ¥ 33,534


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ