講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 世界を知る

早稲田校

ポルトガルの風土と生活

  • 夏講座
  • 資料配付

池 俊介(早稲田大学教授)

曜日 金曜日
時間 10:40~12:10
日程 全4回 ・07月07日 ~ 07月28日
(日程詳細)
07/07, 07/14, 07/21, 07/28

目標

「大航海時代」のイメージが強いポルトガルですが、現在の姿については意外に知られていないようです。この講義では、ポルトガルの風土の特色や人々の生活について写真等を使いながら分かりやすく解説し、現在のポルトガルについての理解を深めてもらうことを目的としています。

講義概要

ポルトガルについて、「スペインと同じような国」といった漠然としたイメージしか持っていない日本人が多いのが現状です。しかし、1人当りの米の消費量がヨーロッパで最も多いこと、ヨーロッパ有数の観光国であること、移民の送出国であると同時に外国人労働者の受入国であることなど、実はポルトガルはきわめてユニークな特色をもつ国なのです。こうした現代ポルトガルの特色について、比較文化的な視点を重視しながら講義します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/07 大航海時代以後のポルトガル  
2 07/14 風土と文化的な特色  
3 07/21 観光地としての発展  
4 07/28 移民の国  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆補講の場合は8月4日に実施します。

講師紹介

池 俊介

早稲田大学教授

1959年東京生まれ。静岡大学教授を経て2006年より現職。博士(学術)。専門分野は地誌学(ポルトガル地誌研究)、人文地理学、地理教育論。著書に『ポルトガルを知るための55章』(共編著、明石書店)、『村落共有空間の観光的利用』(風間書房)などがある。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 120308

定員 30名

単位数 1

会員価格
受講料  ¥ 11,664
ビジター価格
受講料  ¥ 13,413


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ